住まい手とつくり手とが一緒になって、家族の幸せのための家づくりをすることをめざします

2012年07月23日

大工工事@小川町の家 その2

ここ小川の家では、床は1階も2階も杉板張りです。

7.jpg
2階は 上小節・白太・板目・15mm・@110 の明るくやさしい雰囲気。
鳥取の智頭杉です。

8.jpg
1階は 節・赤味勝ち・30mm・@135 の力強い雰囲気。
地元ときがわ材。

同じ杉でもがらりと雰囲気は異なります。

玄関のほんの1坪弱のスペースには桧板を。
9.jpg
立てかけて見て、並べ方を検討中。

その玄関。
10.jpg
30mmの厚みを強調するため、このように木口を見せて使います。
実が見えないって?
そう、雇い実を隠して使っているのです!

こちらは、和室のとこの間(風)スペースの地板を製作中。
長さ9尺づかいの桧の厚板を幅はぎしているところ。
11.jpg
節の少ない目の積んだ材で、これも、棟梁が取り置いてあった材です!

12尺(2間)板のうち9尺を使うので、3尺が余ります。
12.jpg
これを2階の洗面台のカウンターに。
桧の洗面台、贅沢ですね〜。
ここにベッセル式のボウルが載ります。

和室には、取り壊した家で使われていた欄間を再使用することに。
13.jpg
下の、松の彫り物の方を使うことになりました。
薬品で洗いをかけ、白木とまではいきませんが、よい色に仕上がっています。
posted by katsumi at 12:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | 住まいの設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大工工事@小川町の家 その1

小屋組みなど構造材の露わしは控えめな小川の家ですが、床・壁・天井の板張り、広幅の枠材、カウンターや家具など、無垢の木をふんだんに使う納まりが多く、いわゆる「造作工事」満載の建物です。

棟梁は、これまで北浦和の家、西新井の家と手がけていただいた鈴木棟梁。

材木の調達と選定、木取りとその納め方については、並々ならぬこだわりの持ち主です!

その妥協無き姿勢に、打合せの度に恐れ入ってしまうほどドコモ提供

部屋ごとの、材の色見や木目のバランスを重んじ、異なる樹種の取り合わせにはことさら神経を使っています!

その大工工事も終盤となってきました。
以下、写真にて進捗をご紹介。

1.jpg
吹抜用の通路(キャットウォークと呼ぶには幅広なので!)を下から見上げ。
2.jpg
杉材は桧や松に比べ強度が低め。スノコの材せいを余り大きくしない代わりに密に配置。
上から見ると赤味がち、下からは白で。


ジャングルのような様子、いったい何?と思いますよね。
4.jpg
コンクリートスラブの支保工ではありませんよ(笑)。
張り上げた天井板の接着剤が乾くまで支える、つっかえ棒です。

5.jpg
天井裏から見るとこんな感じ。
野縁下端に天井板の働き@で小幅板を打ち、それに隠し釘と接着剤で留め付けています。
和の様式を強調したくなかったので、竿縁無しにし接着剤併用となりました。

吹き抜けの天井なので、下から見るとこんな感じ。
6.jpg
尺板ですから、幅30cm! 秋田杉のむく板で中杢板です! 
自分が設計した建物で、こういった材が使えたのは初めてのこと。
棟梁が長年の間に収集していた良材を、奥の奥から引っ張り出してきて、使ってくれました!

3.jpg
吹き抜けよりも更に広幅なのがこちらの尺1寸板。働き33cmです。
和室の舟底天井に張っていただきました。
中杢部分は赤味の板目、側は白太の柾目です。
化粧棟木は、北山杉の磨き丸太2寸5分。

仕様書にこういった材を想定し「秋田杉t=7.5 @330 中杢 源平」などと書こうものなら、いったいいくらの見積書が上がってくるか想像がつかないほど、高級な仕様です。
今、和室の天井といえば、ちょっとした座敷でも突き板が当たり前。こういった無垢板は生産自体が希少なはず。
建主さんは幸運でした。



posted by katsumi at 11:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 住まいの設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

『心地よい間取りのわかる本』

取材協力した、エクスナレッジ『心地よい間取りのわかる本』が刊行しましたるんるん
s-心地よい間取りがわかる本.jpg
この↑表紙写真は、三鷹A邸

肩書きにすべて住まい手の言葉から拾いました≠ニあるように、トピックごとの事例のカラー写真に、建主さんらの感想やら思いやらが豊富に添えられています。

全てを取材された編集者の大菅さんが巻頭言で書いています。

実際の家の住み心地は、「ちょっと使いづらい」とか「ちょっと便利」といった、「地味なこと」の集積で決まります。これらの多くは、わざわざ他人に言うべきことではないと判断され、住まい手の胸の内に仕舞い込まれて表に出てくることはありません。そこをあえてほじくり返して並べたのが本書、という言い方もできるかもしれません。

と。なかなか面白い手法です。

うちで手がけた3軒の住まいも、事例写真と住み手の言葉としてたくさん紹介されています。

また「いい間取りの基礎知識」のページは、私の執筆によるものです〜。

よかったら、手にとってみてくださいexclamation
こちらで
購入できます。

posted by katsumi at 18:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

進行中@小川の家

ずっ〜とレポートしそびれていましたが、4月に上棟した小川町(埼玉県)の家、工事進行中です。

ここで一気に、写真による進捗紹介を!

まずは外観模型写真で配置計画の説明を。
0-1.jpg
寄棟屋根とカギ型のバルコニーの、コーナー部分を通りに向けています。
変形敷地の北側の辺に平行に配置することで、メインの部屋に南の採光を得るため。
それにより、玄関までのアプローチのパースペクティブが強調される仕掛けです。

既存建物の解体
0-2.jpg
建主さんのお父さんが建てられた築34年の建物でした。

地鎮祭。
0-3.jpg
地の神様に工事着手を届けて、滞りなく工事が進むことを皆で祈願。

基礎工事。
砕石均しの後、鉄筋組み立て。
0-4.jpg

外側に型枠を組んで、まずはベース部分のコンクリート打設。
次に内側に型枠を組み、立上り部分を打設します。
@.jpg
型枠を外し、引き続き排水管の屋外部分を先行配管。

基礎工事が行われている間に、構造材も動いています。
加工場に納入された材を検分し、番付け作業。
A.jpg
力のかかり具合、露わしの度合いを勘案しながら、材の配置と向きを決めていきます。
全部の材について行うのは大変な作業!
B.jpg

上棟です。
C.jpg
前日までに、基礎上に土台だけは敷いておき、クレーンのある一日で棟木まで上げるのが日本の家の建て方です。
D.jpg

建て方の翌日に上棟式。
E.jpg

引き続き、屋根の垂木を配して、野地板張り。
F.jpg
屋根材を葺くまでの間、アスファルトルーフィングという防水紙で雨を凌ぎます。

土台、柱、梁など、材同士の接合部の強度を得るため、金物設置。
G.jpg
プレカット加工の構造体は、接合部の金物補強が前提です。

広縁に設ける天窓を設置し、
H.jpg

漸く屋根葺きです。
I.jpg
ガルバリウム鋼板の平葺き。

屋根が終わった段階で、瑕疵担保保険の現場検査が行われます。
J.jpg
無事合格!

サッシが入り、
K.jpg

次は外壁の下地づくりに進みます。

まずは下端に水切り板金設置。
L.jpg

壁全体に木摺板を打ちつけ。
N.jpg

そしてサッシ回りに防水テープを貼り、外壁材とサッシの隙間から浸入する雨を、ここでシャットアウト。
M.jpg

屋内では、床下の配管・配線を済ませます。
O.jpg
ヘッダー方式の給水・給湯を採用。水を使用する場所一箇所に付き一本の給水管。
進むに従い枝分かれさせていく従来の方式とは異なります!

そしてお馴染みセルロースファイバー断熱工事。
P.jpg
この段階では、床下と勾配天井屋根部分にのみ施工です。
Q.jpg

住設機器一番乗りでユニットバス設置。
s-画像 018.jpg

バルコニー床、FRP防水完了。
R.jpg

天井に格子状に組まれているのが野縁。
S.jpg
ここに天井の石膏ボードが張られます。


そして、大工さんによる造作工事の紹介は、、、おいおいと…。



posted by katsumi at 01:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | 住まいの設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

食卓ネタA題

わさわさ葉が茂るいちごのプランターで発見した「名残りいちご」
s-DSCN4049.jpg
ヘビイチゴくらいの大きさです。

今日の話題はこのいちごではなく、ぬか漬けです。

陽気がよくなって来たので(?)、ぬか漬けを再開しました。
s-DSCN4061.jpg

再開≠ニ書いたのは実は、、、
ぬか床の管理が難しく、旅行などで少しでも手入れが滞ると味が悪くなり→中断…を繰り返しているからなのです〜。あせあせ(飛び散る汗)
カスピ海ヨーグルトが続かないのと同じですねわーい(嬉しい顔)

わが家では、Aの実家が人にお願いしている田んぼで採れた行田米を分けていただいているのですが、毎回引き取る直前にA兄が玄米を精米してきてくれるのです!(兄上感謝)
落とした糠もオマケにくれるので、今回も米30kg+その糠が手に入りました〜。

糠と塩水を合わせた中に昆布や唐辛子などの補足材料を足し、捨て漬けの野菜を入れて朝夕2回かき混ぜること一週間。
いい感じで糠床が出来上がりました。
s-DSCN4057.jpg

早速、きゅうりと蕪を漬け込み。
途中一度かき混ぜて一日。

しっかりと漬け上がりました。
s-DSCN4064.jpg

私の中ではぬか漬けの美味しい季節は、初夏。
気温が上がってきて醗酵が進むので、半日〜一日で美味しく漬かります!

美味しく漬かったときは、糠床を食べてその味を憶えておかなくてはなりません。
漬け続けるに従い糠床はだんだんと塩気が薄れ水っぽくなっていくので、糠や塩水、旨み成分を随時足していく必要があります。
その時に、憶えている味にリセットしていくことが大切。

きゅうり、蕪のほかに、人参、大根が定番。
これからの季節、ナス、みょうが、アスパラガス…色々と楽しめます。

ひとつとてもお薦めの野菜があります。
s-DSCN4066.jpg
ブロッコリーの茎の部分。

外側の繊維質部分を厚剥きし、少し塩を振り漬けます。
s-DSCN4067.jpg
味は素直で糠の旨みをよく反映し、適度の弾力とシャリっとした食感が好ましい!
一番好きなぬか漬けです!


話は変わって、、、
これ↓何かわかりますか?
s-DSCN4046.jpg

このように使います。
s-DSCN4041.jpg
つまり「はいちょう(蝿帳)」。
フードカバーとも呼ぶそうな。

塾通いのため食事時間のずれる娘@用のグッズです。
s-DSCN4039.jpg

昔、白いネットが張ってあって、傘のように畳めるのがありましたよね!

これは畳めませんが、ビニール紐で素朴に編んであるスイカがツボにはまり購入。

わが家の場合は、蝿防ぎではなく、猫防ぎとして活躍しています。
s-画像 006.jpg
↑いつもテーブル上を虎視眈々と狙うふく
posted by katsumi at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 食べる・飲む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。