住まい手とつくり手とが一緒になって、家族の幸せのための家づくりをすることをめざします

2013年03月19日

ポートレート撮影

先週のこと、「プロフィールPHOTOを写そう」会に参加しました。

所属する女性建築技術者の会の定例会企画です。

写真家の吉田香代子さんが、参加者一人一人のプロフィール用写真を撮影してくれるというもの。

撮影場所のスタジオは吉田さんのご自宅です。

何と吉田さん、二つの職業を持つ方で、元々は建築家。
このご自宅も十数年前にご自身で設計されたものだそう。
s-画像 081.jpg
明快ながら豊かな空間構成の、魅力的なお住まいです。

写真好きが高じて、今はカメラの仕事がメインになっているとのこと。
被写体はライブのアーティスト、建築、雑貨などの商品、ポートレートなど、様々だそうです。

s-画像 085-2.jpg
カメラを手に休憩中の吉田さん

人の撮影を見ている分にはとても楽しく、
s-画像 067.jpg

ひとりひとり、メークとヘアーづくりもしていただけて。
s-画像 058.jpg
ヘアメークアップアーティストの金井若奈さんのお仕事ツール

順番が回ってきて撮影に臨みました。
会話しながらが、バシャバシャバシャッと何十枚と撮っていただけるのですが、どうしても気恥ずかしさが抜けず、顔は引き攣り、体はぎこちなく…。くたびれました。

相当固くなっちゃったなあと、残念に思っていたのですが、後日送られてきたデモ写真を見たら・・・。

s-・怜享隕狗エ蟄先ァ・672.jpg撮影:吉田香代子
s-・怜享隕狗エ蟄先ァ・420.jpg撮影:吉田香代子
ガッツリ顔出しですあせあせ(飛び散る汗)

なかなか、いいじゃないですか〜。
さすが女流カメラマン。いい表情で撮ってくれています。

この後、チョイスした数枚をレタッチしてくださるとのこと。
さあ、あちこちのプロフィール写真を差し替えしなくっちゃね!
posted by katsumi at 00:10| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

今年を振り返り…

ブログの更新はからきしでしたが、今年も一年、充実した設計活動をさせていただきました。

振り返れば、4軒の新築工事、1軒のスケルトンリフォーム工事、小規模なリフォームが2軒と、フル稼働で走ってきた感があります。


カチンコ3月竣工のさいたま市のM邸
mk.jpg写真:渡辺慎一
築20年の鉄骨造建築の内、住居部分のスケルトンリフォームでした。
通風∞生活動線∞収納計画重視の間取り変更、「暑くて寒い」を解消する断熱改修、無垢の木と漆喰の内装に。
初めての夏と冬を過ごされ、見た目の様変わり以上に、断熱改修の効果の大きさを感じていただいているようです。



カチンコ4月には、足立の小さな家B邸が完成しました。
bk.jpg
日当たりのよい2階にリビング・ダイニングを配置。
同じ2階に子ども部屋+たっぷりしたロフトを設けました。
階を隔てることの多いリビングと子ども部屋ですが、お子さんが小さいご家庭では、この構成が理想的。
ロフトの丸窓から顔をのぞかせる3姉妹のかわいらしいこと!



カチンコ7月、暑さが本格化する頃に、何とか屋根の断熱改修を間に合わせたO邸
od-b.jpgsoonod.jpg
6年前の竣工でしたが、2階リビングの暑さ軽減を目指して屋根断熱を強化することに。
登り梁間にプラス10cmの断熱層を作り、もう一度天井板を張りました。
暑くなり始めが遅れ、クーラーの利きがよくなり、快適&省エネに。



カチンコ9月竣工の小川町のG邸
gt.jpg写真:鳥村鋼一
構造材や床材に隣町都幾川(ときがわ)の杉材を用い、玄関天井や和室襖は地元小川町の和紙を用いました。
s-_Q2A7777.jpg
長い年月で培われた職人の技術や、地元の伝統産業を取り入れた家づくりを望まれた建主さんの思いが形になりました。



カチンコ11月末に竣工した町田のM邸
my.jpg
間取りも空間も構造計画も、奇をてらわず直裁でシンプルな住まい。
杉材、内外の漆喰塗り、和紙貼りと、素材も多種を用いず明快に。
建主さんの人柄に副った住まいに、、、との思いを込めて。



カチンコそして最後は、12月半ばに引渡しを終えた東村山のS邸
sk.jpg
30坪に満たないコンパクトな住まいですが、建主さんご夫婦のこだわりが随所に散りばめられた、まさに「オンリーワンハウス」です。
暮らしのイメージをしっかりと持っておられ、自分たちに必要なもの、そうでないものが描けていらっしゃいました。
設計時、プレゼンテーションでお持ちした模型を絵に描いていた次男のN君。
引渡しの日「この家はね、隠れるところがたくさんあるんだよ!」と教えてくれました。
s-DSC00438.jpg



至らないところもあったかと思いますが、作り手の方々と力を合わせ、一軒一軒ベストを尽くして取り組めました。
建主さんたちが異口同音に言ってくださった、「ありがとうございます、今後もよろしくお願いします」の言葉を思い出しながら、襟を正して新年を迎えようと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

posted by katsumi at 22:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

「ちょっとおでかけ」

わが家のPCの写真ホルダーには、「ちょっとおでかけ」というカテゴリーがあります。
s-CapD20120506.jpg

思い立ち、そう遠くない所へさっと出かけて、、、といった出歩きの記録です。

今年の連休、遠出の予定のないなか、一日くらい自然の中を歩こうか、と出かけたのが北本自然観察公園
開園して20年目、つながっている荒川左岸のビオトープを含めると、50ha以上の県内有数の自然公園なのだそうです。

この時期の緑はまだまだ透明感があり、最高ですね!
s-DSCN3967.jpg

カヤツリグサ発見、茎が三角形です。
s-DSC01443.jpg

目的のひとつは鳥見でした。
例のごとく写真に収めるのはことごとく失敗しているのですが、コゲラ、ホオジロ、シジュウカラ、カルガモ、カイツブリなどに出会えました。

一番のサティスファクションは、ウグイスの姿をバッチリ見たこと!
あのさえずりは聞いたことはあっても、そのかわいらしい姿を見たのは初めてでした。
背は淡い茶、胸は灰味がかった白、大きさはスズメより一回り大きく、スマートなシルエットでした。

さえずりと地鳴きを美しい声で多彩に繰り広げ、通る人の注耳(?)を集めているのですが、なかなか姿を現さず、望遠レンズを構えて姿をさがすカメラマンたちを焦らせているのです!

私も諦めてその場を離れようと歩き出したとき、すーっと目の前の枝に舞い降りてきてくれ、何度かさえずって次の木に移って行ったのでした。他の誰もいない一瞬の出来事でした。

見損なった娘Aが、「お母さん、あのコーコケコって鳴く鳥はなんて名前?」と言うのには笑いましたが。「ホーホケキョ」でしょと思ったものの、先入観無しに聞けばそうも聞こえるかな…わーい(嬉しい顔)

蝶は写真を撮らせてくれます!
ハルジオンの蜜を吸うベニシジミ
s-DSC01442.jpg

トカゲ君も。
s-DSCN3971.jpg

これは珍しいシマヘビのアルビノ(先天性色素欠乏症)。
昨年10月に園内で発見されたのだそうな。まだ子ヘビです。
s-DSCN3966.jpg
うっすらピンクの肌色なので、名前はモモちゃんとのこと。
娘Aがすっかり気に入り「飼いたい〜」と。それは無理でしょう。

葉っぱに実が??
s-DSCN3973.jpg
ある種の昆虫が植物の中に産卵することで、植物が変異を起こしてできてしまうもので「虫こぶ」と呼ばれます。いろんな植物で見られ、そればかり集めた事典もあるそうな。


「ちょっとおでかけ」の楽しみのひとつ(メイン?!)が、もちろん美味しいもの探訪!

今回の昼食は「蕎麦 阿き津」。
s-DSCN3979.jpg

あの「姉妹のデスク」の大島さんから教えてもらった、観察公園近くのお蕎麦屋さん。
風情ある佇まいの店内で、
s-DSCN3982.jpg
いい香りの美味しい蕎麦をいただきました。

つけ鴨
s-DSCN3985.jpg

とろろせいろ
s-DSCN3987.jpg
s-DSCN3989.jpg
濃厚な卵入りのとろろで、蕎麦によく絡みます。

ただ、、、
とにかく待たされました。お蕎麦が切れたのでこれから打ちます、とのことで。
s-DSCN3983.jpg
日本庭園に面する座敷で、うぐいすの声を聞きながら一時間以上は待ちました…。
が、美味しかったので帳消しとしましょう!

シーズン最後のいちごが買えるかと、県内の有名産地吉見町に寄りましたが、こちらはNG。
時間が遅かったせいもあり、開いている農園は一軒もなく残念!

帰りは予想通り、渋滞にはまりましたが、それもまたよし。
s-DSCN3994.jpg
のんびり過ごした、GWの一日でした。

後に待っているのは、山積の仕事…。
ハア〜ッ。













posted by katsumi at 11:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。