住まい手とつくり手とが一緒になって、家族の幸せのための家づくりをすることをめざします

2012年12月31日

今年を振り返り…

ブログの更新はからきしでしたが、今年も一年、充実した設計活動をさせていただきました。

振り返れば、4軒の新築工事、1軒のスケルトンリフォーム工事、小規模なリフォームが2軒と、フル稼働で走ってきた感があります。


カチンコ3月竣工のさいたま市のM邸
mk.jpg写真:渡辺慎一
築20年の鉄骨造建築の内、住居部分のスケルトンリフォームでした。
通風∞生活動線∞収納計画重視の間取り変更、「暑くて寒い」を解消する断熱改修、無垢の木と漆喰の内装に。
初めての夏と冬を過ごされ、見た目の様変わり以上に、断熱改修の効果の大きさを感じていただいているようです。



カチンコ4月には、足立の小さな家B邸が完成しました。
bk.jpg
日当たりのよい2階にリビング・ダイニングを配置。
同じ2階に子ども部屋+たっぷりしたロフトを設けました。
階を隔てることの多いリビングと子ども部屋ですが、お子さんが小さいご家庭では、この構成が理想的。
ロフトの丸窓から顔をのぞかせる3姉妹のかわいらしいこと!



カチンコ7月、暑さが本格化する頃に、何とか屋根の断熱改修を間に合わせたO邸
od-b.jpgsoonod.jpg
6年前の竣工でしたが、2階リビングの暑さ軽減を目指して屋根断熱を強化することに。
登り梁間にプラス10cmの断熱層を作り、もう一度天井板を張りました。
暑くなり始めが遅れ、クーラーの利きがよくなり、快適&省エネに。



カチンコ9月竣工の小川町のG邸
gt.jpg写真:鳥村鋼一
構造材や床材に隣町都幾川(ときがわ)の杉材を用い、玄関天井や和室襖は地元小川町の和紙を用いました。
s-_Q2A7777.jpg
長い年月で培われた職人の技術や、地元の伝統産業を取り入れた家づくりを望まれた建主さんの思いが形になりました。



カチンコ11月末に竣工した町田のM邸
my.jpg
間取りも空間も構造計画も、奇をてらわず直裁でシンプルな住まい。
杉材、内外の漆喰塗り、和紙貼りと、素材も多種を用いず明快に。
建主さんの人柄に副った住まいに、、、との思いを込めて。



カチンコそして最後は、12月半ばに引渡しを終えた東村山のS邸
sk.jpg
30坪に満たないコンパクトな住まいですが、建主さんご夫婦のこだわりが随所に散りばめられた、まさに「オンリーワンハウス」です。
暮らしのイメージをしっかりと持っておられ、自分たちに必要なもの、そうでないものが描けていらっしゃいました。
設計時、プレゼンテーションでお持ちした模型を絵に描いていた次男のN君。
引渡しの日「この家はね、隠れるところがたくさんあるんだよ!」と教えてくれました。
s-DSC00438.jpg



至らないところもあったかと思いますが、作り手の方々と力を合わせ、一軒一軒ベストを尽くして取り組めました。
建主さんたちが異口同音に言ってくださった、「ありがとうございます、今後もよろしくお願いします」の言葉を思い出しながら、襟を正して新年を迎えようと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

posted by katsumi at 22:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。