住まい手とつくり手とが一緒になって、家族の幸せのための家づくりをすることをめざします

2012年05月16日

食卓ネタA題

わさわさ葉が茂るいちごのプランターで発見した「名残りいちご」
s-DSCN4049.jpg
ヘビイチゴくらいの大きさです。

今日の話題はこのいちごではなく、ぬか漬けです。

陽気がよくなって来たので(?)、ぬか漬けを再開しました。
s-DSCN4061.jpg

再開≠ニ書いたのは実は、、、
ぬか床の管理が難しく、旅行などで少しでも手入れが滞ると味が悪くなり→中断…を繰り返しているからなのです〜。あせあせ(飛び散る汗)
カスピ海ヨーグルトが続かないのと同じですねわーい(嬉しい顔)

わが家では、Aの実家が人にお願いしている田んぼで採れた行田米を分けていただいているのですが、毎回引き取る直前にA兄が玄米を精米してきてくれるのです!(兄上感謝)
落とした糠もオマケにくれるので、今回も米30kg+その糠が手に入りました〜。

糠と塩水を合わせた中に昆布や唐辛子などの補足材料を足し、捨て漬けの野菜を入れて朝夕2回かき混ぜること一週間。
いい感じで糠床が出来上がりました。
s-DSCN4057.jpg

早速、きゅうりと蕪を漬け込み。
途中一度かき混ぜて一日。

しっかりと漬け上がりました。
s-DSCN4064.jpg

私の中ではぬか漬けの美味しい季節は、初夏。
気温が上がってきて醗酵が進むので、半日〜一日で美味しく漬かります!

美味しく漬かったときは、糠床を食べてその味を憶えておかなくてはなりません。
漬け続けるに従い糠床はだんだんと塩気が薄れ水っぽくなっていくので、糠や塩水、旨み成分を随時足していく必要があります。
その時に、憶えている味にリセットしていくことが大切。

きゅうり、蕪のほかに、人参、大根が定番。
これからの季節、ナス、みょうが、アスパラガス…色々と楽しめます。

ひとつとてもお薦めの野菜があります。
s-DSCN4066.jpg
ブロッコリーの茎の部分。

外側の繊維質部分を厚剥きし、少し塩を振り漬けます。
s-DSCN4067.jpg
味は素直で糠の旨みをよく反映し、適度の弾力とシャリっとした食感が好ましい!
一番好きなぬか漬けです!


話は変わって、、、
これ↓何かわかりますか?
s-DSCN4046.jpg

このように使います。
s-DSCN4041.jpg
つまり「はいちょう(蝿帳)」。
フードカバーとも呼ぶそうな。

塾通いのため食事時間のずれる娘@用のグッズです。
s-DSCN4039.jpg

昔、白いネットが張ってあって、傘のように畳めるのがありましたよね!

これは畳めませんが、ビニール紐で素朴に編んであるスイカがツボにはまり購入。

わが家の場合は、蝿防ぎではなく、猫防ぎとして活躍しています。
s-画像 006.jpg
↑いつもテーブル上を虎視眈々と狙うふく
posted by katsumi at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 食べる・飲む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

「建て主直営方式」の家づくり セミナー

貴重なセミナーのご案内です!

女性建築技術者の会5月定例会にて、シティ環境建築設計の高橋昌巳さんにお話いただきます。

内容は、実践されている「建て主直営方式」の家づくりに関して。
そのマネージメント業務の実際を、事例資料を基に詳しく解説いただきます。

また、高橋さんの設計スタイルである、土壁を用いた伝統構法による住宅建築事例を、豊富な写真と共に紹介いただくことになっています。

他では聞けないレアなお話です!
興味のある方は是非どうぞぴかぴか(新しい)


5月定例会案内
建築家・高橋昌巳氏に学ぶ「建て主直営方式」の家づくり
伝統構法の骨太な構造体と美しい土壁造建築のエキスパートとして知られる高橋さんは、その生産方式でも「建て主直営」というスタイルにこだわり続けておられます。
その20年間の実績から、なぜ建て主直営なのか?、直営方式の仕組み、直営方式によって支えられる伝統技術、その進め方のプロセスなどをお話いただきます。
高橋式直営方式の20年間でブラッシュアップされた、拾い書やコスト・工程管理書など、貴重な資料も公開いただけるとのこと。他では聞けない価値あるお話です。

日 時 5月19日(土)13:00〜16:30
場 所 AGCstudio会議室 中央区京橋2-5-8 京橋創生館旭硝子ショールームビル
参加費 会員・学生:1,500円  会員外:2,000円

高橋昌巳氏 略歴
1976年 芝浦工業大学建築学科卒業
1976〜87年  馬場一級建築士事務所勤務
1987年〜 シティ環境建築設計設立
2006年〜  芝浦工業大学建築工学科
非常勤講師(木造建築設計担当)
著作
『三代もつ木の家を直営でつくる』共著
『建築携帯ブック 左官』
『マンガで学ぶ 木の家・土の家』共著
『木造建築用語辞典』共著
『木のデザイン図鑑』分担著
『和風デザイン図鑑』分担著
賞歴
1990年 天然木「青森ヒバ」による設計コンペ 佳作入選 (社)全建連主催
1992年 環境共生住宅アイデアコンクール 専門アイデア部門入賞(財)住宅・建築省エネルギー機構主催
1996年 SDレビュー1996 入選・朝倉賞 鹿島出版会SD主催
2008年 近山住宅コンテスト 里山の家・優秀賞 近山スクール東京
2008年 日本漆喰協会第3回作品賞 加藤信吾邸 日本漆喰協会
2009年 2009年 日本漆喰協会第4回作品賞 神田の町屋再生 日本漆喰協

★懇親会★
定例会終了後、高橋さんを囲んでの懇親会を予定しています。
こちらも是非ご参加ください。
(費用3,000円前後を予定)

★参加申し込み★
女性建築技術者の会事務局までFAX 又は メールにて
FAX・03-5211-2404  e-mail・jogikai@k6.dion.ne.jp 
お名前・連絡先電話番号・メールアドレス・懇親会参加有無・会員外の方はその旨 をお書きください
締め切り:5月14日(月)


↓PDFデータ 興味のありそうな方に転送ください!
5月定例会案内.pdf
posted by katsumi at 16:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

「ちょっとおでかけ」

わが家のPCの写真ホルダーには、「ちょっとおでかけ」というカテゴリーがあります。
s-CapD20120506.jpg

思い立ち、そう遠くない所へさっと出かけて、、、といった出歩きの記録です。

今年の連休、遠出の予定のないなか、一日くらい自然の中を歩こうか、と出かけたのが北本自然観察公園
開園して20年目、つながっている荒川左岸のビオトープを含めると、50ha以上の県内有数の自然公園なのだそうです。

この時期の緑はまだまだ透明感があり、最高ですね!
s-DSCN3967.jpg

カヤツリグサ発見、茎が三角形です。
s-DSC01443.jpg

目的のひとつは鳥見でした。
例のごとく写真に収めるのはことごとく失敗しているのですが、コゲラ、ホオジロ、シジュウカラ、カルガモ、カイツブリなどに出会えました。

一番のサティスファクションは、ウグイスの姿をバッチリ見たこと!
あのさえずりは聞いたことはあっても、そのかわいらしい姿を見たのは初めてでした。
背は淡い茶、胸は灰味がかった白、大きさはスズメより一回り大きく、スマートなシルエットでした。

さえずりと地鳴きを美しい声で多彩に繰り広げ、通る人の注耳(?)を集めているのですが、なかなか姿を現さず、望遠レンズを構えて姿をさがすカメラマンたちを焦らせているのです!

私も諦めてその場を離れようと歩き出したとき、すーっと目の前の枝に舞い降りてきてくれ、何度かさえずって次の木に移って行ったのでした。他の誰もいない一瞬の出来事でした。

見損なった娘Aが、「お母さん、あのコーコケコって鳴く鳥はなんて名前?」と言うのには笑いましたが。「ホーホケキョ」でしょと思ったものの、先入観無しに聞けばそうも聞こえるかな…わーい(嬉しい顔)

蝶は写真を撮らせてくれます!
ハルジオンの蜜を吸うベニシジミ
s-DSC01442.jpg

トカゲ君も。
s-DSCN3971.jpg

これは珍しいシマヘビのアルビノ(先天性色素欠乏症)。
昨年10月に園内で発見されたのだそうな。まだ子ヘビです。
s-DSCN3966.jpg
うっすらピンクの肌色なので、名前はモモちゃんとのこと。
娘Aがすっかり気に入り「飼いたい〜」と。それは無理でしょう。

葉っぱに実が??
s-DSCN3973.jpg
ある種の昆虫が植物の中に産卵することで、植物が変異を起こしてできてしまうもので「虫こぶ」と呼ばれます。いろんな植物で見られ、そればかり集めた事典もあるそうな。


「ちょっとおでかけ」の楽しみのひとつ(メイン?!)が、もちろん美味しいもの探訪!

今回の昼食は「蕎麦 阿き津」。
s-DSCN3979.jpg

あの「姉妹のデスク」の大島さんから教えてもらった、観察公園近くのお蕎麦屋さん。
風情ある佇まいの店内で、
s-DSCN3982.jpg
いい香りの美味しい蕎麦をいただきました。

つけ鴨
s-DSCN3985.jpg

とろろせいろ
s-DSCN3987.jpg
s-DSCN3989.jpg
濃厚な卵入りのとろろで、蕎麦によく絡みます。

ただ、、、
とにかく待たされました。お蕎麦が切れたのでこれから打ちます、とのことで。
s-DSCN3983.jpg
日本庭園に面する座敷で、うぐいすの声を聞きながら一時間以上は待ちました…。
が、美味しかったので帳消しとしましょう!

シーズン最後のいちごが買えるかと、県内の有名産地吉見町に寄りましたが、こちらはNG。
時間が遅かったせいもあり、開いている農園は一軒もなく残念!

帰りは予想通り、渋滞にはまりましたが、それもまたよし。
s-DSCN3994.jpg
のんびり過ごした、GWの一日でした。

後に待っているのは、山積の仕事…。
ハア〜ッ。













posted by katsumi at 11:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

プロ撮

プロカメラマンによる住宅撮影の機会を得ました!
それも二日連続で、3軒の住まいを、です。

雑誌&書籍の取材と、我々の側から依頼する竣工撮影を兼ねたものです。

撮ってくださったのは渡辺慎一さん
02.jpg
ドクロマークのクリームソーダTシャツを着てフットワーク軽く撮り捲る、ファンキーなカメラマンさん!

編集者曰く、渡辺さんの写真はただの建築竣工写真とは一線を隔していて、取り澄まさないリアリティがあるのだそうな。
撮影の仕事の内、建築写真/人物/その他の比率を1/3づつに保っていらっしゃるという姿勢と関係ありそうです。

一軒目は竣工後2年2ヶ月が経過した熊谷の家。
住宅を撮るというより、そこで繰り広げられる「家族の暮らしの一こまを切り取る」といった感じの撮影でした。

01.jpg
家族五人の食事風景を俯瞰するこの写真は、渡辺さんのアングルを後狙いしてAが撮ったもの。

子どもの靴が散らばる玄関を通して、リビング→階段の絵を狙っているところ。
03.jpg

子どもたちを撮ったあと、「見せて、見せて!」とせがまれデジカメ画面を一緒に覗き込んでいます。
04.jpg
子どもと同じ目線で話ができるという特技がある様子。

編集者の要望を聞きながらアングルを模索しています。
05.jpg

これがその時の後狙いのAのショット。
06.jpg
このアングルは思いつかなかったな〜。
子ども部屋が将来二分割できるってことが、一発で表現できています!

そうそう、この家の長男Y君力作の絵もここでちょこっとご紹介。
07.jpg
ナントカレンジャー(?)ですね。
小学1年でこのリアルな表現力は凄いとしか言いようがありません!
初めて会ったときは、まだ3歳になってなかったのにね〜、お兄ちゃんになったなあもうやだ〜(悲しい顔)

そして翌日午前は、我が自宅兼事務所を撮影いただきました。
娘Aがうるさく話しかけて邪魔する中、やはり我々がこれまで撮って来なかったポイントからも狙い…。
上がってくるのが楽しみです!

3軒目は引っ越されてちょうど1ヶ月が経過したばかり、スケルトン改修のお住まいです。

編集者と欲しいシチュエーションやアングルについてやり取りしながら…
08.jpg
09.jpg

以下2枚は竣工時にAが撮ったもの
11.jpg
10.jpg
光の量のコントロールが難しく、距離感が現実離れして、、、となかなか上手く撮れずに悩んでいたスナップです。
これを、プロが撮るとどうなるか…?

次のレポートをお楽しみに!

二日間お付き合いさせていただき、仕事ぶりを拝見し、お話を伺い、すっかり渡辺さんのファンになってしまいました!
手を抜かず、妥協せず、けれど気さくで周囲への気遣いもある、職業人として、技術者として、アーティストとして、十分に触発されました〜。

残り一軒の取材&撮影がまた月末に。
今度は、どんな絵を撮ってもらえるのか、まったく楽しみです!

posted by katsumi at 00:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 住まいの設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。